加工法と各特徴|オーダー紙袋の魅力についての解説サイト【用途・種類】

A4紙袋には紙の種類や表面加工など工夫の仕方は色々!

紙袋への工夫

A4の紙袋は非常に便利なものとされています。多くの企業が紙袋にさまざまな工夫をしています。紙袋は企業のイメージにも繋がる重要なものです。以下で、紙袋の用紙の種類や、表面の加工方法について紹介します。

紙袋の用紙の種類

片艶晒クラフト

現在最も多くの紙袋で使用されているものとなります。クラフト紙をさらに漂白したもので、平滑処理がされており上品なデザインになっています。低価格で製作できるので、大量生産に適していると言えます。

晒クラフト

漂白されたクラフト紙です。平滑処理がされていないので、ザラザラした表面になっています。紙の質感が強く、柔らかい印象が感じられます。価格も低価格となっていて紙袋に多く使用されていいます。

コート紙

コート紙は、耐久に優れていて雑誌や写真集に適しています。表面は鉱物や顔料が使用され、ツルツルとした肌触りで、光沢が印象的です。インクとの相性が良く、発色が鮮やかに仕上がるとされています。

加工法と各特徴

プリント

オリジナルの紙袋

A4の紙袋をオリジナルに製作している会社が多いです。デザイン以外にも、表面の質感にもこだわりを持ってそれぞれの用途に合わせて製作しています。未晒クラフトは、クラフト紙の中でも非常に丈夫な素材でできているので、重要な資料などを入れる紙袋などに使用されています。

表面加工

片艶晒クラフトは、安価で、しかもデザインをうまく印刷することができるので非常に多く使われています。大量生産に適しているでしょう。また、印刷の仕上げに加工する工夫もなされています。PP加工(グロス)と呼ばれる加工法は、ポリプロピレンと呼ばれるフィルムを貼り付けることで耐久性や防水性を上げる方法になります。

目的に応じて

箔押しと呼ばれる加工方法もあります。箔押しとは、熱と圧力を使って表面をメタリックに仕上げるときに使われます。高級感を出したいときに多く利用されています。ブランド品の紙袋に適しているでしょう。目的に応じてさまざまな加工法を選びましょう。

広告募集中