紙袋のカスタマイズ|オーダー紙袋の魅力についての解説サイト【用途・種類】

紙袋を自分好みにカスタマイズしてオーダーしよう!

紙袋のカスタマイズ

買い物袋

自分の好みにカスタマイズしよう

オリジナルの紙袋を製作したいと考えている企業は多いです。まずは、製作業者にもよりますが、WEB上で簡単にオーダーを依頼できる場合が多いです。紙の種類やサイズ、表面加工、紐の種類などさまざまなカテゴリをカスタマイズできます。

データ入稿作業

ある程度カスタマイズできたら、オーダーに対する見積もりの結果の連絡を受けます。見積もりについて不明点などがなければ、データ入稿作業に移ります。お客様自身でオーダーのデータを作成します。デザインや塗装に関する点など詳細なデータを作成して、製作業者へ提出します。

納品されるまでに

データに関して最終確認が行なわれたら、納品作業が行なわれます。納品されてからでは、デザインの変更などは当然できないので、データ確認を慎重に行なってから納品を依頼しましょう。製作業者にもよりますが、データ入稿から約2週間~3週間で納品されます。

色々な大きさの紙袋

  • 定形外寸法の紙袋
  • 定型寸法の紙袋
  • A4ファイル対応の紙袋
  • ボトルサイズの紙袋
  • オリジナルサイズの紙袋

色々な活用法がある

紙袋は目的に応じたものを作成することができます。デザイン性を重視したものから耐久性を重視したものまでさまざまです。実際に、自社でオーダーした紙袋を活用している人の声を見てみましょう。

紙袋を活用している人の声!

イベントに最適な紙袋(イベント会社)

私たちの会社はさまざまなイベントやセミナーを企画運営しています。その際にオリジナルの紙袋を使用しているのですが、特に野外イベントの時には野外に応じた紙袋を使用しています。野外だと飲み物を提供するのですが、飲み物と書類などを一緒に入れられる紙袋は非常に助かっています。

高級感を出せる(販売業)

紙袋に高級感を出すこともできるのでデザイン性にも優れています。表面加工を施すことで、表面に光沢を出したり、オリジナルのブランド感を出すお洒落な仕様にオーダーしたりと汎用性も高いです。紙袋は商品のイメージにも繋がるので重要視しています。

耐久性のある紙袋(塾講師)

説明会等を開催するときに紙袋が重宝しています。ラミネートを施された耐久性のある紙袋を活用しているので、多くの資料を入れるのに便利です。どっさり入れても頑丈な紙袋なので、お客様も安心して利用することが出来ます!

広告募集中